クスリ早見帖


市販薬一覧 | 成分一覧 | 漢方処方一覧 | 出版物 | クスリ早見帖 Twitter | Facebookページ


クスリ早見帖2014年1月版[1号=創刊号]

【目的】
    医療現場での利用を想定し、患者の服用した医薬品の成分特定

【市販薬カテゴリー】
    かぜ薬、解熱鎮痛薬

【特長】
    ・表紙は「PP加工」で、汚れにくく丈夫
    ・掲載している市販薬製品すべてを「パッと見」できる、見開き2ページの目次
    ・分量は「1回量に統一」。外箱/容器/剤形の写真、用法、成分などを掲載

【版型/頁数】A4判 (21.0×29.7×0.2cm)/ 30頁

【発行】株式会社プラメドプラス


ページ内検索 呼び出し方法: コントロールキー+F(キーボードの「Ctrl」と「F」の同時押し)

=単剤(有効成分がひとつの薬剤) / =製造終了 / リ→=リニューアル(製品名は完全同一)されたことによる製造終了 / 製薬会社から製造終了またはリニューアルの連絡があった製品にマークしております。

クスリ早見帖2014年1月版[1号]へのコメント

    ・写真が大きく、わかりやすかった。ケースだけでなく、剤形も一緒になっているのでわかりやすい。(病院医師)
    ・添付文書もあるとよいがスペース的には難しいでしょうね。(病院医師)
    ・病歴を聴取することに熱心な医師であれば、誰でも高く評価するのではないでしょうか。(病院医師)
    ・写真横の説明書は字が小さすぎるように思う。けっこう患者さんはこういう文にも目がいくし、読むのではないかと思う。(病院医師)
    ・近頃、薬局やドラッグストアでは、様々な漢方が販売されており、風邪などのときにも好んで飲んでいる方が多い。漢方ももう少し載せてみては。(病院医師)
    ・先日、おくすり早見帖届きました。早速外来に置かせて頂きました。活用させて頂きます!(診療所医師)
    ・さっそく診療に活用させていただきます。(病院医師)
    ・非常に便利ですね。外来に置いておきます。(病院医師)
    ・裏表紙の日野原先生の揮毫、深いですね。味があります。(病院医師)
    ・外来に置いて、使ってもらうように内科の医者にも言うてあります。(病院医師)
    ・外来で活用させて頂きます。(診療所医師)
    ・よくできていると思います。できれば、発売年月などあると、なお良いかと。(病院長)
    ・写真入りなので、商品名を覚えていない患者様から聞くのに便利だとおもいます。(病院長)
    ・医療用医薬品の写真については、市販のソフトで対応していますが、OTC医薬品については手がありませんでした。ありがたい企画です。(病院長)
    ・カラー写真のため市販薬がわかりやすい。ネットでも同様のものがあれば、診察しながら早見帖を探さなくてもよいので便利と思う。(病院長)
    ・患者さんの相談に乗りやすい。(病院長)
    ・外来や救急などの臨床現場や薬剤部で重宝すると思われる。(病院副院長)
    ・とてもよくできています。(病院院長)
    ・救急外来診療で重宝しそう。(救急部部長)
    ・写真つきで特定しやすくわかりやすい。似た名前でも区別できてよい。(病院薬剤課長)
    ・外来診察時に写真があって活用しやすい。(病院薬局長)
    ・整然としている印象を受けました。とても見やすいと思います。(病院薬剤科長)
    ・薬剤の写真入りで患者さんにもわかりやすいと思う。(病院薬剤部長)
    ・非常に見やすい。(病院薬剤科 DI担当)
    ・薬も多様化しているので、このような資料があると コミュニケーションの役に立ちます。(看護師)
    ・来院患者のOTC薬剤参照に役立つと思われる。(事務長)
    ・商品名とイメージ画像等が載っているので、患者さんへの説明ではとても便利そうです。(企画室長)
    ・患者に服用しているOTC薬の確認をする時に使える。(職種不明)